「FairyLife」は、ドイツゲームと呼ばれる、運と技術の両方が適度に必要な子供から大人まで楽しめるボードゲームを、VRの世界で実際に顔を合わせているように気軽に楽しめるよう開発したものです。

プレイヤーは自身の分身となる妖精を操作し、割り当てられた木や粘土などの資源を使ってボード上に建物を建設し、建設した建物を使って、資源を増やしたり、木から炭、粘土からレンガといった、別の資源への加工を繰り返し、最終的に多くの花を集めたプレイヤーの勝利となります。

ゲーム内ではコマを持って動かすことが出来るため、実際に友人と集まってボードゲームをしている感覚を味わえます。

なお、本ゲームは、VRデバイスがあれば自宅に居ながら本格的な等身大ボードゲームが楽しめますが、VRデバイスを持っていない場合は、マウス・キーボードのみでもプレイ可能です。

ゲーム概要

  • タイトル:Fairy Life(読み:ふぇありーらいふ)
  • ​配信開始:未定
  • 料金:無料 (広告モデル)
  • ジャンル:ボードゲーム

配信用ギミック

配信しやすいように、各プレイヤーの陣地の様子やプレイヤーの写真、得点を一目で見られるパネルやプレイヤーに追従するカメラ、フィールドを見渡せるパネルなどのギミックを設置しています。

FairyLifeはVtuberによる動画やライブ配信、それによる収益化を歓迎しています。

ゲームへのアクセス

此花サクラのTwitterへご連絡いただければ、VRChat内のワールドへご案内致します。

最終的にはVRchat内でいつでも一般の方々に遊んで頂けるよう一般公開 (public化)を予定しております。
Public後はVRChat内のワールド検索でFairyLifeと検索していただくことでアクセスできます。

また、将来的にはスマートフォン向けのアプリゲームや、リアルでのボードゲーム(商品化)など、VRchatをプレイしていない方でも遊んで頂ける形でのゲーム化も検討しております。

10月22日(月)22時より、此花サクラ他のYoutubeチャンネルにて、「Fairy Life」の公開に先駆けて、豪華ゲストプレイヤーによるゲームプレイのライブ配信を行います。

ライブ配信では、実況・わたあめ子さん、解説・海老名セイレンさんでお送りします。

豪華ゲスト陣

動く城のフィオ(VR法人HIKKY 所属) ≫ Youtubeチャンネル
「バーチャルマーケット」「バーチャル忍者ロード」等のVRChatにおける多人数参加型のイベントを精力的に主催
水菜(VR法人HIKKY 所属) ≫ Youtubeチャンネル
VRChatで異世界酒場を開くマスター。イベントの裏方や補佐、脚本を手がける
巣黒るい ≫ Youtubeチャンネル
パワフルな歌声と弾き語りでバーチャルアーティストとして歌ってみた動画やアルバムをリリース
オニャンコポン ≫ Youtubeチャンネル
ゲーム配信やVRChatでの活動の傍ら、イラストレーターとしても活躍
白二郎 ≫ Youtubeチャンネル
VR落語やVRドラマなど新しいコンテンツに挑戦し、愛くるしい見た目と特徴的な訛りで人気
羽鳥ぽぽぽ ≫ Youtubeチャンネル
鳩になるためにバーチャルYoutuberとなり、鳩に関する雑学や奇抜な動画で注目を浴びている

※VR法人HIKKY : VRで生息している制作チームとして、VR開発やVRプロモーション、Vtuberの運営や配信などを行っている。

実況・解説

わたあめ子 ≫ Youtubeチャンネル
我らが親分が主催した、マリオカート「キズナアイ杯」で活躍
配信では解説を担当
海老名セイレン ≫ Youtubeチャンネル
自身の活動だけでなく、数々のイベントの裏方としても活躍
配信では実況を担当
此花サクラ ≫ Youtubeチャンネル
VRボードゲーム「Fairy Life」制作者で、本イベントの企画者
配信では解説を担当

ライブ配信:此花サクラ視点

ライブ配信:わたあめ子視点

ライブ配信:動く城のフィオ視点

此花サクラについて

バーチャルYouTuber「此花サクラ」は、2018年3月よりYouTubeにて公開し、バーチャルボードゲームクリエイターとしてVRChat内でのボードゲーム開発、Youtube、Twitterでの活動を行っています。

桜ノ香リについて

バーチャルYouTuber「此花サクラ」の開発・運営 および VRボードゲーム「Fairy Life」の企画・開発・運営を行っております。

お問い合わせ

こちらより、サークル「桜ノ香リ」バーチャルYoutuber​此花サクラにメールでお寄せください。
≫ メーラーを起動
※画像は開発中のものを含みます
※本ページ中の画像・テキストの著作権は此花サクラに帰属し、無断での引用・転載などは固くお断りいたします